株式会社身野建設

MINO KENSETSU

新築・リフォーム・提案・設計・施工 0791-23-5571
  • トップページ
  • 光冷暖システム
  • 新築
  • リフォーム
  • 不動産
  • 賃貸物件
  • 施工事例
  • 会社概要
  • お問合せ・カタログ請求

テクノストラクチャー工法について

テクノストラクチャーとは?

災害や経年劣化によってたわみやすい梁。そこに鉄を入れて補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、さらにプランの段階で一棟ごとに構造計算を実施、地震などの災害に対する強度を確保した上で家づくりを行っています。

築年数が増えると建てつけが悪くなるのも、梁が下がることによって開口部の真ん中あたりが下がってくるから。それを防ぐには、なるべく大きな開口部をつくらないのが良いのですが、それでは柱がいっぱいの、せせこましい家になってしまいます。木造住宅の良さはそのままに、木造の弱点である梁を鉄によって補強した新技術です。このテクノビームによって、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6m(壁心寸法)まで広げることが可能になりました。20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。

テクノストラクチャーイメージ テクノストラクチャーイメージ

住宅性能表示制度とは
住宅性能表示制度とは安心で良質な住宅の普及を目的に、住まいの性能を国が定めた共通の基準で評価する任意の制度です。この制度により、工法や材料の異なる住宅でも簡単に性能を比較することができます。
※体積雪等級は積雪150cm以上の多積雪地域のみ適用されます。

梁・接合部	 構造の要を、鉄と集成材で強化

構造の要イメージ

鉄と木の複合梁「テクノビーム」
テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。
接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5の強度を持つ集成材柱でさらに耐震性を高めています。

高強度接合部
高強度な住宅を実現するオリジナル接合金具を使用。
特に集成材柱とテクノビームを接合する「ドリフトピン接合」は、一般的な木造住宅の接合部の3倍もの強度を実現します。

高耐久性能

従来の木造住宅

引き戸の開閉がしにくくなったり、建物のゆがみにはってんすることも。

テクノストラクチャー

年月が経っても引きどの開閉はスムーズで、構造体の精度も保たれます。

柱の引き抜き設計強度

床 剛床仕様

剛床(ごうしょう)仕様で建物のゆがみを軽減
建物のゆがみに影響する床は、テクノビームに床板(24mm構造用合板)を直接施工する剛床仕様を採用。
床板と強固に一体化することで、一般的な床の2.2倍もの強度を実現しています。 床倍率イメージ

床 剛床イメージ

基礎 基礎仕様

構造の要イメージ

建物の足元を強固に支えるベタ基礎
「ベタ基礎」は耐震性・耐久性が高く、建物の荷重を厚いコンクリート盤でガッチリと支えるため、地震時の横揺れに対して強さを発揮します。
※北海道は布基礎仕様となります。

劣化対策 長持ちの秘訣、劣化軽減

テクノビームのサビ止め塗装
テクノビームの鉄骨には、鉄塔の防錆にも用いられている「溶融亜鉛めっき処理」が施されています。一般の「電気亜鉛めっき」の約20倍もの付着量で、テクノビームをサビから守ります。

テクノビーム亜鉛めっきの長持ち

家の内外の通気・換気で結露による劣化を防止
室内や構造体の中の湿気を追い出すことができるため、家中が常に呼吸しています。

劣化軽減イメージ

実証 実大振動実験で立証

実大振動実験で震度7をクリア
テクノストラクチャーの構造仕様は、阪神大震災クラス(震度7相当)のゆれを5度に渡って加える実験もクリア。
激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

床 剛床イメージ
  • 信頼の災害シミュレーション
  • 信頼の施工体制を追及
  • 施工事例を見る